有明海・八代海等の水質観測情報


テレメータ水質情報
姫戸沖観測ブイ 姫戸沖観測ブイ 国営干拓沖 新明沖 浜川沖 大浦沖観測ブイ 沖神瀬西観測ブイ 国営干拓沖 新明沖 浜川沖 沖神瀬西観測ブイ 大浦沖観測ブイ
国営干拓沖
新明沖
浜川沖
沖神瀬西観測ブイ
大浦沖観測ブイ
ご覧になりたい観測地点をクリックしてください

有明海赤潮貧酸素発生状況(速報)

有明海鉛直断面図

有明海奥部底層の溶存酸素分布図

携帯サイト

八代海水質連続観測

諫早湾水質連続観測(九州農政局)

沿岸海域水質・赤潮分布情報

関連機関リンク

有明海・八代海漁場環境研究センター

トップ > 有明海水質連続観測

有明海における水質観測情報
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 西海区水産研究所では、有明海の再生に向けた取り組みの一環として、平成16年度から水産庁及び環境省の予算により、九州農政局と連携して有明海における貧酸素水塊の広域連続観測を実施し、貧酸素水塊の発生機構の解明、発生予察、被害防止対策の検討を行っています。

平成27年度は、平成26年度に引き続いて、水産庁委託調査「赤潮・貧酸素水塊対策推進事業」及び環境省請負業務「有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝類の減少要因解明等調査)」等により、西海区水産研究所および有明海沿岸県の水産試験研究機関が共同で有明海の赤潮および貧酸素水塊の発生機構解明、被害軽減のための調査観測および試験を実施しています。

本ホームページでは。これらの調査で得られた観測データ等を公表しています。


観測地点
全7観測地点の内の沖神瀬西と大浦沖には、多項目水質計を自動昇降して鉛直に連続観測できる大型の自動観測ブイを設置しています。国営干拓沖、新明沖、 浜川沖の3観測地点では、得られる観測データは通信装置によりインターネット・メールとして西海区水産研究所へ送信されます。

観測地点をクリックすると各観測点の詳細なデータをご覧になれます。

観測ブイ

観測方法
全観測地点のうち主要な観測地点の観測データは、通信装置によりインターネット・メール経由で西海区水産研究所へ送信されます。

沖神瀬西と大浦沖では、多項目水質計により30分間隔で鉛直の自動観測を行っています。

その他の地点では、各観測地点の海底上0.2mに水深、水温、塩分、溶存酸素、クロロフィル、濁度、流向流速を計測する観測機器を設置しています。各観測機 器は各項目を10分間隔で計測します。

これらの観測点では、連続観測により正確な観測データが得られるように、各観測機器を1週間から1か月に1回の頻度で整備します。その際、各観測機器の連続観測データを補正するために海水を採取し、各水質項目について分析します。



国立研究開発法人 水産研究・教育機構 西海区水産研究所
有明海・八代海漁場環境研究センター
〒851-2213 長崎県長崎市多以良町1551-8
TEL: 095-860-1600 / FAX: 095-850-7767
本ホームページによる情報提供は、システムの保守・障害等により利用者に事前に通知することなく、一時的に中断される場合があります。
また、水質データは、機器測定による観測値であり、補正等により後日に修正する可能性があります。
なお、本ホームページの情報について、水産研究・教育機構に無断で転載することを禁じます。
国営干拓沖 新明沖 浜川沖 沖神瀬西観測ブイ 大浦沖観測ブイ 国営干拓沖 新明沖 浜川沖 沖神瀬西観測ブイ 大浦沖観測ブイ